新型コロナウイルス感染症(以下、「新型コロナ」という)については、各地域で感染が蔓延しており、未だ治療方法が確立していない事からご利用者、ご家族の皆様はもとより、現場で従事する職員にも不安が広がっております。
特に、高齢者や基礎疾患を有するかたについては重症化するすることがわかっており、外部の方々との接触による感染は避けなければなりません。
更に国が緊急事態宣言の延長を発出したことにも鑑み、厚生労働省からの対応の方向性の趣旨も踏まえ、しばらくの間、ご訪問を制限させていただきます。皆様にはぜひご理解をいただきますよう、何卒ご配慮の程、宜しくお願い申し上げます。

「社会福祉施設等(入所施設・居住系サービスに限る。)における感染拡大防止のための留意点について」
1.面会については、感染経路の遮断という観点で言えば、可能な限り
  緊急やむを得ない場合を除き、制限すること。少なくとも面会者に対して、体温を計測してもらい、発熱が認められる場合には面会を断ること。
(令和2年4月7日介護保険最新情報vol808厚生労働省感染拡大防止について)